きらりの集い2020 in 東京​ 大会長挨拶

2018年12月17日

WRAPファシリテーター

増川ねてる

みなさま、こんにちは。 

増川ねてるです。

2020年、きらりの集いは「東京」開催です。 

「東京」と聞いて、みなさんに思い浮かぶのは何でしょう?

 

僕は…

 

「東京」。 

それは、「夢が叶う場所」。

 

でした。

1974年に生まれた僕は、新潟県で、東京に憧れている中学生、高校生でした。TVの中の東京はとてもキラキラしていました…「PARCO」「東急ハンズ」…「原宿」「新宿」…。一世風靡セピア、RCサクセション…オールナイトニッポン、スタジオアルタ!!!

 

 

「おら東京さ、いくだ」。長渕剛「とんぼ」…。新幹線も通って行って… 

 

 

僕は、いろいろと精神的に大変になっていったけれども、「東京」に行けば、なんとかなる! 僕の夢は叶うんだ!! 

 

って、そんなことを考えて、それが支えになっていた時期がありました。

 

「東京に行けば、夢が叶う!」

ねてる_edited_挨拶.jpg

きらりの集い、2020年は、東京です。

 

みなさんの、あの頃見た“夢”はなんですか?

 

2018年の12月に、描いている“夢”はなんでしょう?

 

「誰かの“やりたい”を、みんなの力で《現実に》していく」

 

きらりの集い。

 

2020年の1月に、新しい現実を作ってみたいと思います!

 

一つでも多くの夢が叶っていきますように。

みなさんの、大切な願いが、想いがきちんと届きますように。

きらり東京ロゴ.png

福岡  2013年 

 

鹿児島 2014年

 

佐賀  2015年

 

広島  2016年

 

名古屋 2017年

 

沖縄  2018年

 

島根  2019年

 

 

そして… 2020年…東京。 

 

共に、力を。

 

 

きらり東京2020、始めます。